↑↑ 勝率97.5%の最強ロジック ↑↑

初心者がバイナリーオプションで稼ぐにはちゃんとした戦略が必要です。仕組みを理解して攻略しなければ勝てないです。「勝つ」と言っても、毎回の取引でプラスになる必要はありませんし、そのようなことは絶対不可能です。「必ず勝つ」という必勝法というのは存在しません。でも、「長期的に勝つ」となると話は違ってきます。

投資か投機か

まず理解しないといけないのは、バイナリーオプションははっきり言って投機だということです。投資ではなくて、投機。つまり、価値に対してお金を掛けるのではなく、価格に対して賭けているのです。

なので、経済指標を見たり予測したりしながらエントリーするのはダメです。株や外貨を長期で保有するのであれば使えますが、その日のうちに結果が出てしまうバイナリーでは影響力は皆無です。

投機で儲けるコツ

では投機で儲けるコツは何かというと、確率を味方にしないといけません。当てずっぽうでやれば50%の確率で勝ちますが、手数料などを考慮したらマイナスになります。ある程度の勝率を出せる、ちゃんとしたルールが必要です。

そんなルールができあがれば、後は回数こなすだけです。取引すればするほど資金が増える確率が上がります。

取引間隔ランキング

たくさん取引の機会があるためには、オプションの間隔が狭いほど有利です。そこで、それなりに信用できる取引所の取引間隔ランキングを作りました。

 

1位 ハイロー

ハイロー

最短取引間隔:30秒
ASIC(オーストラリアの投資系の会社を規制する政府団体)よりライセンス(AFSL No.364264)されています。
運営:HighLow

普通のバイナリーは15分おきですが、Turboなら30秒間隔で取引できます。もちろん30秒ごとにエントリーするのではなく、確率の高いチャンスが来たときを選ばないといけません。

ハイロー

2位 NADEX

NADEX

最短取引間隔:5分
CFTC(アメリカの先物とオプションを規制する政府団体)により、毎年監査を通しています。
運営:Nadex

商品によって取引間隔が変わりますが、一般的な為替は5分ごとです。すべての取引は完全に顧客同士で成り立っているのが好感です。ノミ屋みたいに、取引所が反対側を持っていることがないので、安心してエントリーできます。

NADEX

3位 為替オプション

GMOクリック証券 為替オプション

最短取引間隔:2時間
金融庁 金融商品取引業者 関東財務局(金商)第77号
運営:GMOインターネット株式会社(東証一部上場 9449)

一部上場企業ということで、日本人にとっては一番安心です。ただ、毎日10回しか取引の機会がないのが残念ですね。

GMOクリック証券 為替オプション

4位 みんなのオプション

みんなのFX みんなのオプション

最短取引間隔:2時間
金融庁 金融商品取引業者 関東財務局(金商)第123号
運営:トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(JASDAQ 8704)の100%子会社

JASDAQですが、こちらも上場企業。毎日11回と、GMOクリック証券より一回多いです。

みんなのFX みんなのオプション

まとめ

規制されていても取引間隔が狭いとなると、海外の取引所にしないといけないですね。日本だと規制で2時間に1回しかできないです。もし国内の取引所でこれよりも狭い間隔のがあったら、ノミ屋なので気をつけましょう。

 

© 2018 バイナリーオプション rss