↑↑ 勝率97.5%の最強ロジック ↑↑

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、結果が0か1のオプションと考えることができます。決められた未来の時点で、「ある事象」が成り立っていると報酬が得られます。それ以外の場合、何も得られません。結果が2通りしかないので、「バイナリー」と呼ばれています。「ある事象」は株価が何円以上になっている、という金融商品の価格に関するものであることが多いです。ブローカーによっては、「選挙で誰が勝つ」など様々なものがあります。

半丁バクチ

オプションと比較

オプションと比較すると、いかに考慮する要素が少ないかわかります。

オプションバイナリー
決められた期限
(Expiration date)
数年後、数ヵ月後、数週間後(長期) 数時間後、数分後(短期)
決められた価格
(Strike price)
対象価格との差額で価値が変動する 対象価格より上か下で、価値が0か1になる
決められた金融商品
(Underlying asset)
取引所によって幅広い商品が対象 取引所によって幅広い商品が対象
買う・売る権利
(Call・Put)
上がると思ったらCallを買うかPutを売る、下がると思ったらPutを買うかCallを売る 上で終わると思ったら上を買う、下で終わると思ったら下を買う
オプションの価格 さまざまな要因によって価格が変動する 買ったときにすでに、買った場合と負けた場合の額が決まっている

決められた期限(Expiration date)

バイナリーも同様に期限があります。ただし、数時間後とか、数分後とか、非常に近いことが多いです。

 

決められた価格(Strike price)と決められた金融商品(Underlying asset)

同様にあるものが何円以上とか、何円以下とかになっています。

 

買う(Call)・売る(Put)権利

上に行くか、下に行くか予想するだけです。

 

オプションの価格

買ったときにすでに成立した場合の報酬が決まっています。

まとめ

ある意味、バイナリーオプションは半丁バクチみたいなものです。ストラテジーがなければ50%の勝率しか出ないですし、手数料もどんどん取られていきます。見た目の単純さにだまされてどんどんやりこんだら、最終的に破産する確率の方が高いです。

まずは口座を開いてデモ取引をするのがお勧めです。

バイナリーオプション取引所のランキング

© 2018 バイナリーオプション rss